遺言&相続支援サービス編

遺言&相続サポートは
こんなシーンで使われています。

遺言&相続サポートの利用される様々なシーンを見ることが出来ます。

こんなシーンで使われています!

揉めてしまいそうな
相続の対策として

平成27年の相続税法の改正の頃から、ご家庭において相続に関する知識や情報が広く認識されたことも受け、相続でもめてしまうご家庭が激増しております。
「うちにはもめるほどの財産なんてないから」と思われた方も危険です。実は財産が少ない相続ほど、ご家族がもめてしまう確率は高いという統計もあります。相続の実務から感じることは、やはり親の存在は大きい。「ご両親どちらかでもご存命だったら、もめなかっただろうに。。。」というご相続は非常に多いです。生前から遺言等の対策で、もめてしまう可能性を少しでも軽減させておきたい。「少なくとも、自分の考えていることをしっかりと伝えておきたい」こういった声を多く承るようになりました。

こんなシーンで使われています!

ちょっと複雑な
家族構成の方は必須

◆ 相続人が全くいない
◆ 内縁の妻がいる
◆ 再婚し、相続人は後妻と先妻との間の子供である
◆ 介護をしてくれた長男の嫁に財産をわけてあげたい

このようなパターンに当てはまる方は遺言の作成をお勧めします。遺言なしにはスムーズな相続となることが稀な代表パターンです。弊社でも数多くの相続を担当させていただきますが、このようなケースの場合、むしろ遺言を作成されているケースが一般的です。

こんなシーンで使われています!

自分の人生の節目に
遺言や相続について考える

遺言は何度も書き換えることができます。そのため60歳になったタイミングで、70歳になって変わったことを、80歳になってわかったことを、都度遺言として残しておくようなご家庭も少なくありません。
ご自身の人生の区切りとしての節目節目に遺言を作成されし、相続についてもしっかり考えることが家族の争いを減らす近道とも言えます。

利用されるシーンと
サポートサービス

  • 結いごとが使われるシーン
  • 結いがたりが使われるシーン
  • 相続&遺言サポートが使われるシーン

エピソード動画

結いごとの物語をムービーで見ることが出来ます。

  • 結いごと「遺された側の物語」

    大きな動画で見る

    結いごとに関わった1つの家族の物語。母親を亡くし、それぞれ素直になれなかった家族たちが、母親の四十九日に起きたとある出来事をきっかけに心が溶かされていく。

  • 結いごと「遺す側の物語」

    大きな動画で見る

    自分の死を察した母親は結いごとに出会う。遺される家族と自分の人生について見つめ直した母親が導き出した答えとは。

ご相談・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください!
※お急ぎの方はお電話でお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

フリーボイス:0120-268-074
または、042-321-9583 税理士法人横溝会計パートナーズ内

午前9時 ~ 午後5時(土日・祝日・年末年始をのぞく)

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームへ

24時間受付(原則・即日にご返信いたします)

TOPへ